2022年09月30日

WINNERの還元率(払戻率)は安定の50%

WINNERの還元率(払戻率)は安定の50%

ざっくり言うと

  • 2022年9月26日、日本初となる1試合予想くじWINNERがスタート
  • WINNERの還元率(払戻率)は、スポーツくじ(toto)同様50%
  • 一方で、海外ブックメーカーの還元率(払戻率)は90~95%

2022年9月26日、日本初となる1試合予想くじWINNERがスタートしました。


出典:WINNER公式サイト

 

従来のスポーツくじは、mini totoでも最低5試合の試合結果を予想する必要があり、贔屓のチームを限定して賭けることができませんでした。今回スタートしたWINNERは、J.LEAGUEやB.LEAGUE等で、好きな試合を選んで1試合から購入できることが最大の特徴となっています。また、好きな試合を選んで賭ける「1試合予想 」だけでなく、リーグや大会の結果を予想する「競技会予想 」も同時スタートしています。

関連記事:WINNER、ワールドカップのオッズがオッズが低すぎる

 


◆WINNERの控除率(胴元の取り分)は50%

WINNERの還元率(払戻率)は、スポーツくじ(toto)同様50%となっています。

スポーツくじの売上金から、当せん払戻金、経費及び特定業務への繰入額(国際スポーツ競技会のためのスポーツ施設の整備等の経費に充当)を除いたものが収益となり、収益の3/4は、スポーツの振興を目的とする事業の資金として助成され、1/4は国庫に納付されます。


出典:GROWING

また、WINNERの払戻しは、特払金方式を採用しており、当せん者なしの場合や当せん金が最高限度額(5億円)を上回った場合、配分金額は購入者に払い戻されます。そのため、WINNERでは「toto」や「BIG」で発生するキャリーオーバーはありません。

 


◆さいごに

1試合予想くじのスタートは、日本のギャンブル市場において大きな一歩となりました。
一方で、海外ブックメーカーの還元率(払戻率)は90~95%で、WINNERの50%とは倍近い開きがあります。
つまり、WINNERで配当10倍の試合は、海外ブックメーカーでは20倍に近いオッズとなります。
加えて、WINNERで賭けの対象となる試合のほとんどが、海外ブックメーカーでも購入可能です。

国が本気で海外ブックメーカーの規制を行わない限り、WINNERの成功は難しいように思います。

 

関連記事:WINNER、ワールドカップのオッズがオッズが低すぎる